豆知識

靖国神社に墨汁が 自称中国籍の男を逮捕

どうも「もちめし」です

 

2019年8月19日午後

東京都千代田区にある靖国神社で

拝殿の幕に墨汁のようなものがかけられているのが見つかりました。

 

警察は近くにいた中国人の男から事情を聞いているそうです。

 

靖国神社とは

靖国神社の歴史

1869年(明治2年)

戊辰戦争以降の戦死者を祀る為に

東京招魂社として建てられました。

 

ペリー来航以来の日本国内外の事変と戦争で

国事に殉じた軍人・軍属の戦没者を英霊として祀り柱を立てる

2004年(平成16年)には合計246万6,532柱にも及ぶ。

 

招魂社の管轄は陸軍省・海軍省と定められており

招魂祭はこの二つが取り仕切っています。

 

1879年(明治12年)

「招魂社」は

「在天の神霊を一時招祭するのみなるや
聞こえて万世不易神霊厳在の社号としては妥当を失する」可能性がある為廃止

新たに靖国神社と名付けました。

 

正字の表記は「靖國神社

靖国とは【春秋左氏伝】より「吾以靖國也(吾以って国を靖んずるなり)」

これを典拠として明治天皇が命名されました。

 

中国側から見た靖国神社

中華人民共和国政府は1985年8月に中曽根首相の参拝後

A級戦犯が合祀されている靖国神社に首相が参拝する事」は

中国に対する日本の侵略戦争を正当化する事であり絶対に容認しない

という見解を表明し続けている。

 

中国にとってA級戦犯とは日本軍国主義のシンボルとなっており

非難する対象となっている。

 

靖国神社の規模

大きさは約10万㎥あり

東京都内にある神社の中では

明治神宮の70㎥に次ぐ2番目の広さです。

 

3番目は杉並区にある大宮八幡宮の約5㎥

 

これは単純に外苑内苑をを含めた敷地面積であり

拝殿の規模や内苑の規模を含める等

基準によって順位は変動します。

 

2つの恒例祭典

春季例大祭

4月21日から23日にかけて行われる祭祀

 

勅使が天皇陛下による供物を献じ御祭文が奏上される

また、先立ち清祓と呼ばれる清めの儀式が行われ

神官と祭具の一切が祓い清められます。

 

春季に行われる例大祭としては

日光東照宮や伊勢神宮倭姫宮なども知られています。

 

秋季例大祭

10月17日から20日にかけて行われる祭祀

春季例大祭と同様に各種の奉祝行事が行われます。

 

靖国神社の他に、熊本市の藤崎八幡宮で行われる

藤崎宮の秋の例大祭なども知られています。

 

まとめ

・靖国神社への墨汁をかけた行為は中国国籍の男性の犯行か?

・国際的ないざこざは維新の頃から続いている

・天皇陛下や首相等が行事ごとで参加している2番目に広い神社

 

今回の事件はまだ聴取段階ですので

中国人が犯人とは断定出来ませんが

何かしら関係性はありそうですね。

 

日本を代表する神社の一つですので

綺麗なままを保ってほしいというのが切な願いです。