豆知識

ジェットスキー免許を取りたい方【基準とマナーについて】

どうも「小真ちゃん」です

 

暑い日が続いていますが

こういう時は海にでも行きたい気分ですね

 

そんな時

水上バイクなんかあるととても気持ちが良いです。

 

今回は

水上バイクの免許取得の流れをご説明していきます。

 

水上バイク(ジェットスキー)免許

船舶免許は全部で3種類

一級小型船舶操縦士(1級船舶免許・ボート免許1級)

総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイは除く)で

すべての海域を航行できる操縦免許です。

 

ただし

沿海区域の外側80海里(148.16km)以遠を航行する場合には、

一定の資格を持った機関長を乗り組ませなければならない。

 

二級小型船舶操縦士(2級船舶免許・ボート免許2級)

総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で

海岸から5海里(9.26km)以内の水域及び水平区域を航行できる操縦免許です。

 

ただし

5トン未満の船舶に限定する免許【第二号限定】、

高校区域を湖川等、出力を15kw(約20馬力)未満に限定する免許【第一号限定】

もあります

 

特殊小型船舶操縦士(水上バイク免許・ジェットスキー免許)

水上オートバイ専用の操縦免許

船舶安全法上の基準により

原則として湖川及び海岸から2海里(3.704km)までの海域しか航行できません。

 

という事で

水上バイク免許の正式名称は

「特殊小型船舶操縦士」

 

ジェットスキーを楽しむ方は

こちらの免許が必須になります。

 

ジェットスキー免許取得までの流れ

学科教習(6時間) 1.小型船舶の船長の心得及び遵守事項
2.交通の方法
3.運航(一般)

学科教習

1.小型船舶の船長の心得及び遵守事項

特殊小型船舶の船長としての基本ルールやマナーなど当然知っておかなければならない

シーマンシップ知識について学びます。

2.交通の方法

階上や河川の交通ルールについて学習します。

「港則法」「会場衝突予防法」「海上交通安全法」「河川法」等の法律を学習します

3.運航

船を安全に、経済的に目的地まで運行させる方法を学習

船の特性や操船方法、エンジンの取り扱い、荒天時の対応

事故時の措置気象・海象などを学習します。

 

実技教習(1.5時間) 1.小型船舶の取り扱い
2.操縦

実技教習

1.小型船舶の取り扱い

発航前点検、船体外部の点検、エンジン系統の点検、法定備品の点検、ロープワーク

エンジンの始動・停止等を学習

2.操縦

安全確認、発進・直進・単旋回、危険回避、8の字旋回、スラローム、人命救助などを学習

 

ジェットスキー免許において最低限必要な身体基準

1.視力

両目とも0.5以上であること(矯正可能)

 

一眼の視力が0.5以下の場合は、

他眼の視力が0.5以上であり視野が左右150度以上である事

 

2.色覚

夜間において船舶の灯火の色が識別できること

 

灯火の色が識別できない場合は

日出から日没までの間において航路標識の色彩を識別できれば

航行する時間帯が限定された免許が取得可能です。

 

3.聴力

5m以上の距離で話声語(普通の声の大きさ)が聞き取れる。

 

4.疾病・身体機能の障害

軽傷で小型船舶操縦者の業務に支障が出ないと認められること

 

身体基準に満たない場合は

程度に応じ、診断書が必要になる事があります。

 

水上バイク免許はどこの教習所へ行けばいいのか

一番良いのは

マリンライセンスロイヤルさん

 

ここは

国土交通省登録の教習所なので

規定時間の郷愁を受けると

国家試験に準ずる終了審査を受けて

合格すると国家試験は免除になります。

 

身体検査も

身体検査証明書を提出するだけで

国家試験会場に出向く必要がありません

 

受けてみようと思う方は

マリンライセンスロイヤルさんのHPをご覧ください。

 

 

水上バイクのマナーには特に気を付けましょう

免許を取得したらどこでも走りたがる気持ちはわかりますが

最低限のマナーは守りましょう

 

2019年8月1日めざましテレビにて

琵琶湖 白髭神社の鳥居を水上バイクでくぐるという

罰当たりな行為をしたと報道されました。

 

これによって

2019年8月2日から

水上バイクの閉め出しが始まり

けん引する車が入れないように

入り口を9月末まで封鎖するとの事です。

 

一部のマナー違反を犯す者たちのせいで

自由利用できる場所が封鎖されるという

なんともやりきれない事態です。

 

まとめ

・水上バイクの免許は特殊小型船舶操縦士という免許が必要

・学科、実技を含めて7.5時間で習得可能

・マリンライセンスロイヤルさんなら国家試験も免除可能

・楽しむためにも最低限のマナーを心掛けましょう

 

いかがだったでしょうか

免許自体は車の普通免許を取るより簡単です。

 

試しに取ってみるのも良いかもしれませんね。

 

取った後は何度も言いますが

マナーは守りましょう。