話題

大空を滑空出来る「ウイングスーツ」必要な資格は?

どうも「もちめし」です

 

皆さんウイングスーツって知っていますか?

手と足の間に布があって

別名「ムササビスーツ」とも言われています。

 

スカイダイバーの間で大人気のウイングスーツ

どのようなものか見ていきます。




滑空用特殊ジャンプスーツ「ウイングスーツ」

ウイングスーツとは

「ウイングスーツ」の画像検索結果

1990年代中頃

フランス人スカイダイバーのパトリック・デ・ガヤルドンによって考案されました。

 

手足の間にある布によって空気抵抗を増やし落下速度を抑えて

ムササビのように抑揚を付けて飛ぶことが出来ます。

 

手足を閉じて空気抵抗を減らせば、

最高時速200km以上にも達します。

 

他にも

飛行機のような固い翼を背負って

ジェットエンジンを積んだ物も存在します。

こちらは「ウイングパック」と呼ばれており

重さは増えますが、滑空性能に優れ

背中のジェットエンジンによって水平飛行が可能となっています。

 

ウイングスーツを着るには訓練が必要

誰でもすぐに着られる訳ではありません。

まず最低限スカイダイビングのライセンスが必要です。

その上で

・500回以上の通常スカイダイビング経験

または

・最低200回以上の通常スカイダイビング経験とインストラクターの指導

ウイングスーツは非常に危険なダイビングスポーツなので

かなりの経験が無いと着ることが出来ないみたいです。

 

スカイダイビングとは違った爽快感

スカイダイビングは飛行機から大空を飛びますが

ウイングスーツは

ビルとビルの間を飛んでみたり

山頂から高速下山するような形で滑空したり

これはスカイダイビングと違い

軌道修正や抑揚が付けれウイングスーツだからこその楽しみだと思います。

 

ウイングスーツの価格

市販ウイングスーツが登場したのは1999年

フィンランドのBIRDMAN社が販売をスタートし、

世界で4社が製造販売しています。

 

製造モデルによって性能やデザインは違ってきますが

価格は20万~とそこまで高くは無いです。

 

死亡事故は断トツで多いスポーツ

ウイングスーツによる死亡事故は多く

毎年20人余りが命を落としています。

 

プロのベースジャンパー

マシュー・ケニー氏当時29歳。

Facebookのライブ配信中にクレパスを避ける事が出来ず

衝突して死亡してしまいました。

 

世界記録保持者は日本人パイロット

ウイングスーツのギネス記録

・水平直線飛行距離:26.9km

・3D総合飛行距離:28.707km

・最高飛行速度:363km

この3つを保持しているのは

日本人で唯一のプロウイングスーツパイロットの伊藤慎一さんです。

 

伊藤慎一さんプロフィール

名前:伊藤慎一(いとう しんいち)

年齢:54歳(2019年現在)

出身:東京都

職業:プロウイングスーツパイロット、(株)リスクコントロール代表取締役

所属:BIRDMAN社Top Gunチーム

 

まとめ

・ウイングスーツを着るにはライセンスと多くの経験が必要

・死亡事故がかなり多いが、それ以上に魅力的なスポーツ

・日本人唯一のプロウイングスーツパイロットはギネス記録を3つ保持

 

いかがでしたでしょうか

高所恐怖症の方は正直怖いスポーツではありますが

スカイダイビングを経験している方なら

ウイングスーツの良さは分かるのではないでしょうか?

 

筆者もウイングスーツは怖いですが

スカイダイビングくらいなら一度は経験してみたいですね。