話題

年末年始に営業休止するチェーン店一覧

どうも「もちめし」です。

 

2019年の昨今

ニュースではコンビニエンスストアも年末年始は

営業休止するかどうかでもめていましたね。

 

今回は今まで営業していたチェーン店

今後どの店舗がお休みするのか一覧でご紹介します。




年末年始休業のチェーン店

ロイヤルホスト

ロイヤルホストは昨年の2018年も元旦は休業していました。

結果的に売り上げは数%減少しましたが

従業員の労働環境で満足度が上がり

人材確保に対してプラス効果を得られたそうです。

 

今年のロイヤルホストは全国219店舗のうち一部を除いて

年末の12月31日と元旦の1月1日の営業を休業するようです。

 

ロイヤルホスト傘下の「カウボーイ家族」も18店舗中17店舗が元日営業を休業します。

 

天丼チェーンの「てんや」は201店舗中157店舗は元日営業を休業します。

 

すかいらーくホールディングス

メイン店舗である「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」は

2019年12月31日から2020年1月1日の正午まで休業となります。

 

幸楽苑

「幸楽苑」は一部店舗を除いて

2019年12月31日の営業時間を短縮し元日は休業する方針を発表しています。

 

大戸屋ごはん処

「大戸屋ごはん処」も直営店の半数以上が大みそかと元日を休業する事を発表しています。

 

パルコ

小売大手の「パルコ」は全18店舗が大みそかと元日は休業となります。

なので、初売りは2020年の1月2日からとなります。

 

セブン&アイグループ

「イトーヨーカドー」は5都道府県16店舗が元日休業

「ヨークマート」は4都県35店舗が元日休業を実施する予定です。

 

関東で展開しているスーパーマーケット

「マルエツ」はほぼ全店舗が元日休業で都心部店舗では1月2日も休業する予定です。

「ヤオコー」「サミット」「いなげや」も元日と2日も休業となります。

 

セブンイレブン

都内の直営店50店舗で

元日休業実験を計画しています。

 

2019年2月に大阪府の店舗オーナーが人手不足の為

自主的に短縮営業を行っていたところ、

本部から一方的に契約解除を通告されたことがきっかけとなり

セブン批判が強まり騒動となりました。

 

これが今回の元日休業実験に繋がったと考えられます。

 

ファミリーマート

「ファミリーマート」は元日に109店舗が

12月31日から1月3日まで計320店のオーナーが「店長ヘルプ制度」を行われます。

 

加盟店に本部社員を派遣して、店舗の運営を代行する制度だそうです。

 

ファミリーマートは現在

24時間営業の見直しも進めています。

 

まとめ

ほとんどの店舗が元日を休業しています。

日本人は働きすぎな部分もあるので

元日くらいはゆっくりしても罰は当たらないと思います。

 

当たり前の様に利用していたコンビニなどもお休みになる可能性もあるので

元日は引きこもりが捗りますね。