話題

軽減税率により混乱、イートイン脱税とは

どうも「もちめし」です

 

2019年10月1日から増税され

軽減税率も適用されていますが

申請が通らなかったり変更が間に合わなかったりと

混乱状態が続いています。

 

何が原因でこの混乱状態になってしまったのでしょうか。




軽減税率による混乱

軽減税率とは

おさらいも踏まえて軽減税率について説明します。

軽減税率とは特定商品の消費税を

一般的な小税率より低く設定するルールです。

 

例えば

消費税10%

飲食料品に該当しないもの

飲食料品の譲渡に該当しないもの

新聞の譲渡に該当しないもの

消費税8%

飲食料品に該当

飲食料品の譲渡に該当

新聞の譲渡に該当

詳しくは過去の記事にまとめていますので参考にしてください。

増税前と増税後、知っておくと得をする買い物【軽減税率】どうも「もちめし」です 2019年10月から増税が行われ 消費税が10%に上がります。 増税前に急いで...

 

混乱する要因は?

コンビニエンスストア

まずコンビニエンスストアでは

店舗内での食事、つまりイートインを利用する場合は消費税10%が適用されますが

利用するかしないかお客さんの自己申告です。

 

ですので、

お客さんが「持って帰ります」と言えば軽減税率の対象なので

消費税8%で買い物が出来ますが、

その後やっぱり店内で食べるとなっても

決済は終了している為、差額の2%は請求することが出来ません。

 

これを世間ではイートイン脱税と呼ばれています。

イートイン脱税に対してTwitterの反応

個人商店

こちらはレジが軽減税率に非対応の為

新たに購入しなければなりません。

 

これによってコストがかかる為

お店を閉める方も出てきました。

 

ポイント還元制度の遅延

軽減税率に伴って

キャッシュレスでの決済を行うとポイントが還元される制度も始まりました。

 

ポイントの還元はどこが支払うのかというと

現段階ではキャッシュレスの決済会社が還元する事になっています。

 

これにはお店側が決済会社に申請を送って

承認されて初めてポイント還元が出来るようになります。

 

ですが、全国で一斉に申請があった為か

申請を送っても返信が来ないというお店も多数あり、

200万店舗が申請を送って、承認されたのは50万店舗しかないという

 

結果的に残りの150万店舗はキャッシュレスで決済しても

ポイントが還元されないという現実である。

 

まとめ

・軽減税率の対象があいまい

・自己申告による軽減がある為、偽装される可能性も

・対応の遅延により、本来の対応が出来ない

 

いっそのこと全部10%にした方が早いのでは?

と思ってしまいます。

 

あれは8%これは10%とややこしい

この混乱が長続きしそうなら

政府側の対応も気になるところですね。