病気

口内炎には4つの種類が存在する

どうも「小真ちゃん」です。

 

ふとした時に口の中で炎症が起きている事はありませんか?

そうした口内炎というものは

原因が4つに分かれているそうです。




原因が異なる口内炎の種類

物理的刺激による口内炎

入れ歯や矯正装置が口の中で当たって

粘膜が傷つき炎症を起こすものです。

 

食事中に間違えて頬や舌を噛んでしまったり

熱い飲み物を飲んで火傷をしてしまった時に出来る口内炎も

このタイプとなります。

 

物理的刺激による口内炎の治し方

入れ歯や矯正装置が原因で炎症が起きているのなら

口の中に当たらないように器具の調整を行ってください。

カンジダ菌による口内炎

体に住み着いているカンジダ菌が原因で起こる口内炎

基本的には炎症は起こしませんが

免疫力が低下していたり、口内が乾燥したりしていると

炎症を起こす場合があります。

 

カンジダ菌の炎症は2種類ある

炎症が白くなるものと、赤くなるものの2種類が存在します。

 

特に注意すべきは赤くなった場合

舌に炎症が出来、ヒリヒリするような痛みが出てきます。

粘膜の奥の方まで炎症が進行すると

治療後も痛みが続き、味覚障害を起こすこともあります。

 

広い範囲で炎症が起きた場合はすぐに病院へ

広範囲の炎症が2週間以上続く場合は

カンジダ菌による口内炎の可能性がある為、歯科や口腔外科、耳鼻咽喉科などの

医療機関を受診しましょう。

 

カンジダ菌による口内炎の治し方

カンジダ菌による口内炎は抗真菌薬を処方します。

注意点としては

ステロイドが入っている薬は、カンジダ菌が原因の口内炎を悪化させる危険性があります。

アレルギーによる口内炎

葉の詰め物やかぶせもの

入れ歯の金属などのアレルギー反応によって起こる炎症です。

 

アレルギーによる口内炎の治し方

アレルギーによる口内炎は、入れ歯や歯のかぶせものの金属が原因の場合が多いです。

なので、金属を使用しない器具に変えてみて下さい。

一般的な口内炎とは?

ストレスだったり、栄養の偏りが原因と言われがちですが

実際は明確な根拠はありません。

 

物理的な刺激がなくても

口内炎は起きる時は起きます。

 

なかなか治らない時は癌の可能性も

基本的に口内炎は2週間ほどで治ります。

なかなか治らない場合は口腔がんの可能性があります。

 

全ての癌のうち

口腔がんは1%程度と言われるほど症例の少ない病気です。

 

口腔がんの特徴

口内炎の様に自然治癒しない

赤い部分と白い部分が混在している

硬くでこぼこしている

 

舌の裏側や歯茎、下あごに出来る事があり、

口内炎だと思って放置してしまう事があるので要注意です。

 

口内炎の予防法について

物理的刺激やアレルギーによる口内炎などの

原因がはっきりしているものは、器具の調整など

自分の口に合った物を使うと予防が出来ます。

 

カンジダ菌は入れ歯に繁殖しやすいと言われています。

入れ歯を清潔に保つには

就寝時に洗浄液につけたり

毎食後にブラシで磨くなどして清潔を保ちましょう。

 

まとめ

基本的に2週間ほどで治る口内炎ですが

気になる方は症状が出たら病院に行くことをおススメします。

 

癌や味覚障害が出てからでは遅いので

自分の体調や健康管理は自分でしっかり行いましょう。