病気

気付きにくい鼻のがん!こんな症状には要注意

どうも「もちめし」です。

 

寒い日が続いて

鼻詰まりなど起こしていませんか?

ただの風邪なら良いですが

意外とがんのサインかも知れない場合もあります。




鼻の癌について

癌が出来る場所

鼻の内部は複雑な空洞が広がっており

吸った空気が通る鼻腔という個所があります。

 

さらに、その鼻腔と繋がる「副鼻腔」という空洞が4つあり

この副鼻腔に癌が出来ると言われています。

 

首から上の頭頚部癌の患者数は年間約5万人で

そのうちの5%~7%が鼻腔癌とされています。

 

発症する原因

推定される原因の一つは煙草の煙です。

煙草の煙によって鼻の粘膜が慢性的に刺激されて炎症が起きやすくなります。

 

次に金属加工業や粉じんが舞う木材加工業や製粉業は

他の業種と比べて発症しやすいことが分かっています。

 

癌の進行で変化が

癌が出来て最初のうちは

慢性的な鼻詰まりや鼻血が起こります。

 

この段階では風邪や蓄膿症と症状が同じなので

気付きにくい状態です。

 

癌が広がる方向によって顔に変化が出てきます。

癌の進行が目に進めば

眼球が前に出てきたり、物が2重になって見えたりします。

 

癌の進行が口に進めば

歯茎が腫れたり、歯が痛くなったりします。

 

治療について

検査の方法は鼻にファイバースコープを挿入し

癌の広がりを確認します。

その他にはCTやMRIを使った検査も行います。

 

癌の進行が目に進んでいた場合、眼球の摘出が必要となる場合もあります。

それらを避けるため、放射線治療を行います。

 

最初の段階では放射線治療と抗がん剤を使用した治療を行い

癌を治療していきます。

 

治療後に癌が残っていたり、再発した場合は

手術を行います。

 

自分で判断せずに病院へ

蓄膿症などで慢性的に鼻の炎症が続く場合は

早めに治療する事をお勧めします。

 

鼻詰まりが長引いたり

鼻血が繰り返し頻繁に出る場合は

耳鼻咽喉科で受診しましょう。

 

癌はどの個所でもそうですが

早期発見する事で最悪の事態を予防する事が出来るので

面倒くさがらずに健康診断を受けたりしましょう。

 

まとめ

あまり知られていない鼻の癌でしたが

鼻詰まりや鼻血が頻繁に出てはいませんか?

 

心当たりがある場合は

お近くの耳鼻咽喉科で診て貰うようにしましょう。