病気

今話題のMDMAとは?別名エクスタシー

どうも「もちめし」です。

 

最近になって逮捕者が増えてきたMDMAという存在

麻薬の一種であることは分かるのですが

どんな薬なのか

危険性と共に解説していきます。




合成麻薬MDMA

MDMAとは

別名は「エクスタシー」「アダム」「X」と様々あり

合成幻覚剤で覚せい剤と似た化学構成です。

 

MDMAは略名で

MethykeneDioxyMethamphetmine(メチレンジオキシメタンフェタミン)

 

効果・作用について

MDMAを使用すると脳内のセロトニン等を大量に放出させ

人の精神に多幸感と他者との共管などの変化をもたらせます。

 

経口的に摂取すると30分から1時間程度で精神変容が起き

それが4~6時間持続します。

 

人によってはおしゃべりで友好的になる人もいれば

自分を制御出来なくなる不安を経験する人もいます。

 

恍惚感が得られるという事もあり

愛の営みの時に用いる事が多いとされています。

副作用について

視覚や聴覚を変化させる作用がある為

幻覚や幻聴、精神的に不安や不眠に悩まされる場合があります。

 

依存性もある為、乱用を続けていると錯乱状態に陥り

腎臓・肝臓機能に障害が出たり

記憶障害等の症状も現れる事があります。

 

元々はPTSDの治療薬

MDMAにはPTSD(心的外傷後ストレス障害)や

不安障害の治療に効果があるとされています。

 

2017年にはMDMAにより

多くのPTSD患者の症状が改善されたという研究結果が出ています。

 

ただしあくまでも必要な人が治療の元

正しい療法容量を守っての使用が前提であり

 

過剰摂取したり

頻繁に服用、乱用した場合は命を落とす危険性もあります。

 

錠剤型規制薬物

写真(錠剤型規制薬物・MDMA)写真(錠剤型規制薬物・MDMA)写真(錠剤型規制薬物・MDMA)写真(錠剤型規制薬物・MDMA)

画像は大阪府警本部のHPより参照

MDMAによる逮捕者

金融トレーダー「KAZMAX」

2019年11月10日吉沢和真容疑者に

MADAを使った麻薬取締法違反の疑いが出ており

 

午前4時前

渋谷区円山町のクラブにいた男性から

「和真という人が薬物を所持している情報がある」との110番通報があり

駆け付けた警察官が、吉沢容疑者を呼び止めて検査したところ

MADAの陽性反応が出たため逮捕

 

女優「沢尻エリカ」

2019年11月16日

女優の沢尻エリカ容疑者が合成麻薬のMDMAを所持していたとして逮捕

 

2012年にも大麻中毒として週刊文春報道しています。

その時周囲から「大麻をやめられないのか」と問われると

沢尻容疑者は「やめられない、これが私のライフスタイル」と発言していたそうです。

 

まとめ

薬物ダメ絶対

薬物を使用しても幸福感を得られるのはほんの一瞬だけで

あとは地獄しかありません。

 

自分の周囲にも使用している疑いがある人がいるのであれば

全力で辞めさせましょう

 

双方に得はありませんからね