病気

「痛みのない」インフルエンザ新型ワクチン

どうも「もちめし」です。

 

毎年流行するインフルエンザですが

今年は通常よりも早く大流行しており

学級閉鎖のある学校も1600件を超えました。

 

そんな中

子供には嬉しい「痛くない」インフルエンザワクチンが登場しました。




フルミストのインフルエンザワクチン

従来のインフルエンザワクチン

注射を用いたワクチンの接種

100%防げるわけではなく

流行する型が違うとかかる率が高くなってしまいます。

 

B型インフルエンザについては

ワクチンの効果が低く

成人でも有効率は50%程だそうです。

 

ワクチンの免疫持続期間について

ワクチンを接種して1~2週間後から抗体が上昇し始めます。

2回目の接種1ヶ月でピークとなり

3~4か月後には徐々に抗体が減少していきます。

 

ワクチンの効果が期待できるのは

接種してから2週間から3~6ヶ月程度とされています。

 

予防接種の回数

13歳未満は抗体の上昇を確実にするため

2回接種が必要とされています。

 

13歳以上は1回の接種でも抗体上昇がみられるため

1回の接種で大丈夫です。

 

近年インフルエンザにかかった人や

毎年ワクチン接種を行っている人は1回でも良いとされています。

 

新型ワクチン「フルミスト」とは

最近注目を集めているのが

痛みなく感染しない予防接種「フルミスト」

 

ワクチンの接種は腕ではなく鼻

両方の鼻に霧状のワクチンを散布して予防します。

痛みも無いし簡単に出来る事から

希望する人が増えてきています。

 

人によっては

このフルミストをしてから

インフルエンザにかからなくなったという人もいます。

 

どういう原理なのか

病原菌が体内に入る前に

鼻の粘膜に抗体を作る事で

入り口で感染をブロックしてしまおうというもの

 

効果の持続期間

従来のワクチンだと

長くても半年程度でしたが

 

このフルミストは

1年間持続するので

 

年に一度ワクチン接種するだけで

インフルエンザを予防する事が出来ます。

 

国内では無認可のワクチン

無認可のワクチンなので

どこの病院でも置いてあるわけではありません。

 

実施している病院では

1回の予防接種の料金が9,800円となっています。

 

新型ワクチン「フルミスト」について評判

 

 

まとめ

インフルエンザの新型ワクチン「フルミスト」の紹介でした

 

注射は大人でも苦手な人は多いのではないでしょうか?

鼻スプレーで簡単に予防が出来るのなら

少々高くてもやってみても良いかもしれませんね!