病気

ファストフードが体に悪い理由に「永遠に残る化学物質」

どうも「もちめし」です。

 

「ファストフードは健康に良くない」

散々言われている問題ですが

 

今回新たに「PFAS」という

体の中に永遠に残る化学物質が発見されたので書いていきます。




永遠に残る化学物質「PFAS」

PFASとは

PFASは「パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物

というフッ素化合物の総称です。

 

これは欧米で大きな話題となっており

2019年10月9日に学術誌「Environmental Health Perspectives」

にて発表されました。

 

血中のPFAS濃度が上昇

2003年から2014年に1万人以上の人から血液サンプルを採取し

PFASを調べてみると

約70%の血液から5種類のPFASが検出されました。

 

ファストフードを食べた期間を

24時間以内・1週間・1か月と区分して調査した結果

24時間以内にファストフードを食べた人

血中のPFAS濃度が最も高い傾向にある事が分かりました。

 

他の化学物質は体外に排出されるが

PFASは何年も体内に残る為

定期的にファストフードを食べていると

体内にPFASがどんどん蓄積されていきます。

 

PFASは容器等から移る

ファストフードの包み紙と容器400種類を調べたところ

パンとデザートの包み紙の半分以上にPFASが含まれていました。

 

サンドイッチとハンバーガーの包み紙の40%

フライドポテトを入れる容器の20%にも含まれていました。

 

PFASの特性

PFASは耐水性と耐油性に優れている為

包装の保護剤として広く添加されています。

 

その為、食品容器以外でも

塗料やカーペット・衣類などにも使われています。

 

PFASが及ぼす害とは

ラットやマウスを使用しての実験では

肝臓や腎臓、免疫系に障害が出る事が分かりました。

 

また腫瘍の発生もあり、

癌や甲状腺異常を引き起こす兆候も示す個体もいました。

 

規制するまでに至らない

実験では明らかに障害が出ているのに

ファストフードの規制をされていないのは

PFASは至る所にある為、それが原因と分からないからである。

 

大規模な範囲で疾患が起きない限り

ファストフードが原因であると明確にならないので

現時点では規制はされていません。

 

PFASは水道にも含まれている

カリフォルニア州の住民750万人が利用する水道水から

PFASが検知されました。

 

これは近くにごみ埋立処分場がある為

そこからPFASが地下水に進出した可能性があるとの事です。

 

近くにごみ埋立処分場が無いからと言って安心はできません。

どんなところからPFASが検出されるか分からない為

常にPFASの脅威にさらされています。

 

まとめ

・永遠に残る化学物質「PFAS」

・容器等から食品に移る

・ファストフード以外からもPFASは検出されるため規制は出来ない

 

PFASという体に蓄積される化学物質でした。

ジャンクフードが好きな方は特に気を付けたほうが良いかもしれませんね。

 

普通の生活の中でも

知らず知らずのうちにPFASが体内に入っているかもしれませんから

食生活にはほどほどに気を付けましょう。