病気

メタボの人は注意!脂質異常症とは?

どうも「もちめし」です。

 

私もかれこれ健康診断には行ってませんが

皆様はどうですか?

 

診断結果で脂質異常症と判断された方

聞き覚えの無い症状ですが

生活習慣を見直さないと大変なことになるかもしれません。




脂質異常症とスタチン

脂質異常症とは?

血液中の中性脂肪やLDLコレステロールが基準より高い状態

もしくはHDLコレステロールが基準より低い状態を表します。

別名としては「高脂血症」とも呼ばれていました。

 

脂質異常症になる原因

遺伝的な要素もありますが

偏った食習慣運動不足

肥満体な人がなりやすいとされています。

 

それ以外だと

他の病気や薬の服用による影響を受ける場合もあります。

 

どのような症状が出るのか

LDLコレステロール値が高いと動脈硬化が進み

心筋梗塞や脳梗塞といった血管系の病気にかかりやすくなります

 

中性脂肪値が高いと急性膵炎を起こすこともあり、

家族性高コレステロール血症では皮膚やアキレス腱などに

黄色腫が出てくることもあります。

 

治療法について

先ほども書いた通り

偏った食生活や運動不足、肥満の人がなりやすい症状なので

・食生活を見直す

・適度な運動をする

・太りすぎている人はダイエットして適正体重まで落とす

・禁煙をする

 

LDLコレステロールとHDLコレステロール

脂質異常症の原因ともいえるLDLコレステロールとHDLコレステロール

どういったものなのか説明していきます。

 

LDLコレステロールとは?

通称「悪玉コレステロール

コレステロールは油なので水に溶けません。

 

LDLコレステロールは肝臓からコレステロールを全身に運ぶ働きをします。

その為、LDLコレステロール値が増えると

全身に運ぶコレステロールが増えるので

コレステロールが血管壁や内膜に溜まり、血栓が出来やすくなってしまいます。

 

HDLコレステロールとは?

通称「善玉コレステロール

LDLとは反対で

全身の余分なコレステロールを抜き取って肝臓に運ぶ働きをします。

 

このHDLコレステロール値が低いと

全身のコレステロールを抜き取る力が弱まる為

これも

血栓が出来てしまう要因となってしまいます。

 

LDLを減らしてHDLを増やすためには

食事の見直しですが、

主菜は肉類より魚介類や大豆製品を多く摂る様にしましょう。

 

卵や内臓類は逆にLDLを増やしてしまう原因になるので注意が必要です。

 

また、油の多い食事も控えましょう。

コレステロールは油ですので

肥満予防の為にも油を使った料理は抑えたほうが良いですね。

 

LDLを減らす薬「スタチン」

世界で4000万人以上に処方されているという

悪玉コレステロールを減らす薬「スタチン」

 

どのような作用で減らしているのか

服用したスタチンは肝臓に分布し

コレステロールの生合成を低下させます。

 

これにより肝臓内のコレステロールが減る為、

血液から肝臓へのLDLコレステロールの取り込みが促進されます。

 

悪玉コレステロールの「肝臓から全身に運ぶ」を阻害

善玉コレステロールの「全身から肝臓に運ぶ」を促進させている訳ですね。

 

スタチンはどの商品に入っているのか

第一三共「メバロチン」

「メバロチン」の画像検索結果

MSD「リポバス」

「リポバス」の画像検索結果

ノバルティスファーマ「ローコール」

「ローコール」の画像検索結果

アステラス製薬「リピトール」

「リピトール」の画像検索結果

興和創薬「リバロ」

「リバロ」の画像検索結果

アストラゼネカ「クレストール」

「クレストール」の画像検索結果

まとめ

・脂質異常症は動脈硬化などになり得る病気

・生活習慣や運動不足を解消することで治る

・コレステロール値を下げる薬「スタチン」

 

いかがでしたか?

脂質異常症と診断された人は生活習慣や食生活を見直してみましょう。

スタチンを利用することで悪玉コレステロール値を減らすことも出来ますので

処方してもらうのも一つの手かもしれませんね。