豆知識

お盆とは具体的に何なのか?風習と由来について

どうも「小真ちゃん」です

 

8月15日前後になると

【お盆】と呼ばれる時期になりますが

 

そもそもお盆とは何なのか

どんな由来や風習があるのかご紹介していきます。

 

お盆の由来とその歴史

お盆の時期は?

一般的なお盆の時期は

8月13日~16日とされています。

 

旧暦と新暦で7月15日前後の場合もあり

東京などの関東の方で多いです。

 

また

【新盆(初盆)】という

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆があります。

 

普段より盛大に供養を行うため

知人を呼び

寺に行って法要を執り行う場合もあります。

 

新盆は故人が迷わずに来れるように

何も書かれていない白提灯を玄関や部屋、仏壇の前に飾ります。

 

お盆にはどんな風習があるの?

地方や宗派によって異なりますが

一般的には13日に迎え火を焚いて故人をお迎えし

16日に送り火であの世へお送りします。

その期間の間にお墓参りやお供えをします。

 

14日、15日は盆中なので

3度の食事は家族と同じものをお供えしてください。

 

ナスやキュウリ、洗ったお米を蓮の葉や里芋の葉に盛り付ける

水の子という物を飾ることもあります。

 

地域によって異なりますが

お盆の時期にはご先祖の霊を供養する期間である。

 

お盆の由来は?

正式名称は【盂蘭盆会(うらぼんえ)】または【盂蘭盆(うらぼん)】

この名称は【盂蘭盆経(うらぼんきょう)】というお経が由来となっています。

 

「うらぼん」とは

サンスクリット語で「逆さ釣りの苦しみ」を意味している

「ウラバンナ」から来ているとも言われています。

 

ペルシャ語で「霊魂」を意味している

「ウラヴァン」が由来という説もあります。

 

このお経の元となっているお話が

「釈迦の弟子である目連(もくれん)は神通力で亡き母が地獄で逆さ吊りの刑を受けている事を知ります。

なんとかして母を救済出来ないかと思い、釈迦に教えを乞いました。

そこで釈迦は「旧暦の7月15日(現在の8月頃)に多くの高僧を心から供養すれば、三途の苦しみから救えるでしょう」と伝えます。

そして目連はその通りに実行したところ、母親は無事往生することが出来た」

このお経が日本に伝わり

旧暦7月15日に先祖の恩に感謝してお墓参りやお供え等の

お盆と呼ばれる行事が始まったと言われています。

 

お盆が一般的となった経緯

日本で初めてお盆が行われたのは

606年に推古天皇「推古天皇十四年七月一五日斎会」という行事を行ったのが

初めだと言われています。

江戸時代以前は、貴族や武士・僧侶といった上流階級の行事でした。

 

ですが、

仏壇や提灯に欠かせないロウソクが大量生産されて

安価に取得が可能となってから

お盆の風習が庶民にも伝わるようになりました。

 

迎え火と送り火にはどんな意味があるの?

先ほども書いた通り

13日には迎え火、16日には送り火を焚きます。

 

この行為にどのような意味があるのか。

迎え火の意味

迎え火はご先祖様が現世に帰ってくるときの目印となります。

迷わずにまっすぐ帰ってこれますようにという意味が込められています。

 

また、キュウリで作られた精霊馬を飾ります。

キュウリは馬に見立てており

早く帰ってきますようにとお祈りをする地域もあります。

 

家の玄関でやる地域もあれば

故人のお墓の前で焚くところもあります。

 

焚くものは「オガラ」と呼ばれる麻の茎を使用します。

マンションなどで火を扱えない場合は

代わりに提灯を使用する事もあります。

 

送り火の意味

送り火は一緒に過ごしたご先祖様の霊を送り出すものです。

 

こちらはナスで作られた精霊馬を飾ります。

少しでも長く共に過ごして貰うため

ナスは牛に見立てておりゆっくりと帰って頂きます。

 

行う事は迎え火と同じで

迷わずにまっすぐ帰れるようにとお祈りします。

 

お盆にまつわる迷信

よくお盆の時期は海に入ってはいけないと

教えられたと思います。

 

何故海に入ってはいけないのか

霊が集まりやすい

旧暦7月は閻魔様の休日だそうです。

なので、お盆の時期は地獄の窯が開いて

現世に霊が集まりやすいとされています。

 

また、

水辺は霊が集まりやすいので

水難事故に合った霊が帰ってきて

海に引きずり込まれると言われています。

 

お盆の時期には離岸流や大波が発生しやすいので

閻魔様の休日と結び付けられ、代々語り継がれている。

 

クラゲの大量発生

もう一つの理由としては

時期的にクラゲの活動が活発になります。

 

最適な水温は20度~30度

お盆時期だと水温も下がり過ごしやすくなります。

 

毒性の強いクラゲもいるため

海での水遊びを禁止したとされる説もあります。

 

まとめ

・旧暦7月はご先祖様が現世に帰ってくる時期

・日本初のお盆は推古天皇の「推古天皇七月一五日斎会」

・迎え火を焚いて出迎えて、送り火でゆっくりと送り出す。

・ご先祖様の食事は家族と同じもの

・海に入っていけないのは霊が集まりやすくクラゲも多い為

 

お盆の時期になれば

実家に帰省して家族と一緒に過ごされると思います。

 

正しい知識を持って

ご先祖様をお迎えしましょう。