豆知識

高額メダカに勝手に値段を付けて盗難【2万円以上が100円に】

どうも「小真ちゃん」です

 

メダカの品種改良といったものが

以前からブームになっており

中には高額なメダカも存在しています。

 

そんな高額メダカを勝手に100円という値段で持って帰った者がいるそうです。




高額メダカの種類

高額となる条件

改良メダカとは

色、柄、体型の異なったメダカ同士を交配させて

新しい品種のメダカを生み出すことです。

 

現在は改良メダカの品種は500種類を超えており

高額となるには

・人を惹きつける魅力がある

・新種であり、珍しい品種である

・色や体形が特徴的である

このような条件が必要であり

中には100万円という高額な値がついたメダカもいます。

 

先ほど品種は500種類を超えると記述しましたが

実際の特徴というのはあまり多くなく

約40種類の形質の組み合わせで500種類を超えています。

 

その約40種類の形質がこちら

系統図はめだかの館様より引用

高級メダカランキング

こちらのランキングは「めだかの館」で販売してあるメダカの

値段順で決めさせて頂いています。

第3位:ブラックダイヤヒレ長(1匹1万円)

画像はめだかの館様より引用

ブラックダイヤとは

【オロチ】と【ラメ】を配合させた品種です。

体色が良いとラメが少なくなり

ラメが多いと体色が薄くなる傾向があります。

 

このブラックダイヤにさらにヒレ長が配合されており

通常より腹びれ・背びれ・尾びれが長くなっています。

 

こちらが通常のブラックダイヤ

比べると一目瞭然です。

 

第2位:清流きりゅう(1匹1万円)

品種名は青透明鱗体外光メダカ

その名の通り

【青】【透明鱗】【体外光】の3品種を配合させた品種です。

 

特徴としては体内に黒色素胞があるメダカで

黒と横光のコントラストが綺麗な品種です。

 

また、平成30年に

日本メダカ協会新種認定品種として登録されています。

第1位:清流きりゅうヒカリ体型(1匹2万円)

こちらは品種としては第2位の清流同じですが

ヒカリ体型という事で

胴体を一周するように光る個体です。

 

黒水槽で飼育すると一層綺麗に見えるそうで

めだかの館で販売している中で一番高額なメダカとなります。

 

1匹100万円のメダカとは

先ほどは販売している中でのランキングでしたが

最高額の100万円を叩き出したメダカも存在します。

 

それは2010年に作られた

琥珀透明鱗スモールアイサムライメダカ

画像はめだかの館様より引用

作られたのは大場幸雄さん

改良メダカ10年の集大成です。

【スモールアイ】【サムライ】【琥珀メダカ】【透明鱗メダカ】の四種類を配合し完成

赤い鎧をまとった鋭い眼光から「信長」と呼ばれ

当時100万円の値が付きました。

 

盗難被害にあった品種

今回被害にあったメダカの中には

【ブラックダイヤ】も含まれており

決して100円で購入できる代物ではありません。

というか、置手紙だけで100円すら置いていなかったみたいです。

 

さらにケースごと盗まれており

その中にはメダカが40匹ほど入ってたそうです。

 

被害総額は数十万円にも上り

防犯カメラも設置していなかったようで

被害届の提出を検討中とのことです。

まとめ

・品種改良には時間もかかり新種となるとかなり貴重

・最高額で100万円のメダカも存在した

・被害額は数十万、飼育目的か転売目的か

いかがでしたでしょうか

メダカの高額化が進んでいる中での盗難ですので

もしかしたら転売目的かもしれませんね。

 

高級メダカの「信長」も10年がかりでようやく完成した品種

時間と根気のいる配合ですので

早く犯人が見つかって戻ってくることを願っています。