実践出来る知識

忘年会シーズン到来!太らない為の対策

どうも「もちめし」です。

 

12月となれば忘年会シーズン

ついつい飲みすぎで太ってしまった!

という人も多いんじゃないでしょうか?

 

今回は太らない為に出来る事をご紹介していきます。




飲み会で後悔しない為に

飲み会の前からカロリーを抑える

飲み会となるとどうしても摂取カロリーが増えてしまいます。

だからといって、飲み会で飲食を抑えるのはもったいないですよね。

 

そうなれば、その日の昼から摂取カロリーを抑える事をお勧めします。

 

極端な食事制限はNG

何も食べなかったり

野菜しか食べなかったりだと

夜の飲食で体を壊しかねません。

 

タンパク質を意識した食事をすることで

肝機能を高めたり、悪酔いや二日酔いの原因である

アセトアルデヒドの分解を促進してくれます。

 

肉を食べるのも良いですが

魚や大豆製品といったカロリーの少ない食事で

タンパク質を摂取しましょう。

 

ビールばかり飲まない

ビールには糖質が多く含まれている為

血糖値が上昇し、インスリンを大量分泌させます。

 

インスリンは糖を脂肪に変える働きを持つため

太ってしまう原因となっています。

 

糖質の少ないお酒

乾杯の1杯目はビールで良いですが

その後は、焼酎やウイスキー、ウォッカにジンといった

糖質の少ないお酒を飲みましょう。

 

注意点としては

赤ワインは糖質は少ないですが

甘口の物はブドウ糖が多く含まれるので

飲むなら辛口を選んだ方が良いかと思います。

 

こまめな水分補給

焼酎やウォッカなど

糖質が少ないからと言って甘いリキュールや果汁で割ったものを飲みすぎると

果糖の摂りすぎになります。

 

出来るだけ、水やお湯、ソーダで割ってゆっくりと飲みましょう。

 

チェイサーを用意

お酒を飲む際は、チェイサーの水と交互に飲みましょう。

アルコールの代謝には水が必要となっており

水を飲むことでお酒を飲む量も抑える事が出来ます。

 

注意点としては

チェイサーはお茶ではなく水にしましょう。

お茶にはカフェインによる利尿作用がある為

水分不足になってしまう可能性があります。

 

おつまみは薄味で

お酒を飲んでいるとついつい味の濃い食べ物を食べがちです。

味の濃い食べ物を食べていると喉の渇きが早く

お酒を飲むペースが速くなってしまいます。

 

亜鉛を含む食べ物を食べる

アルコールの代謝には亜鉛が必要となります。

なので、チーズやえんどう豆

アーモンドや牛肉、卵などをおつまみとして食べるのが良いでしょう。

 

お酒の糖質を気にしていても

食事をがつがつ食べていては同じ事です。

 

キノコやこんにゃくなどの低糖質なつまみを選ぶとなお良いでしょう。

 

まとめ

太らない為の飲み会についてでした。

飲み会なんだから気にせず飲みたい!

という気持ちもわかりますが

今後の自分の体を考えて、節制してみてはいかがでしょうか

 

記事参考:サンキュ!