実践出来る知識

秋になったら睡眠習慣の改善をしよう

どうも「もちめし」です。

 

夏の暑さのせいで中々寝付けれない

朝から日差しがきつくて目覚めが悪い

そんな調子で睡眠不足になっていませんか?

 

秋は過ごすには丁度良い環境なんです。




秋の睡眠習慣改善

何故秋が丁度良いのか

同じ気候という事なら春でも良いんじゃないか?

と思う方もいると思いますが

 

ちゃんと秋が良い理由があります。

 

夜が長い

秋になると日没が早くなり

夜の時間が長くなります

 

睡眠ホルモンのメラトニンは光によって調節されますので

夜の時間が長い秋にはメラトニンの分泌が促進されます。

 

なので

秋になったら夜更かしせずに早寝を心掛けてみましょう。

質の良い睡眠がとれますよ。

 

環境の変化が少ない

先ほどにもあった

春でも良いんじゃないか?という疑問

 

春は環境が変わる季節です。

学校、仕事、生活

それらの環境の変化は精神的に負担となるので

睡眠の質が悪くなりがちです。

 

その分、秋は環境の変化は少ない為

精神的な負担は少なく、睡眠も安定します。

 

運動しやすい時期

秋は暑くも無く寒くも無い丁度いい季節です。

日中でも過ごしやすく

運動する時期にピッタリです。

 

運動することによって

質の良い睡眠に繋がりますので、

普段運動していない人は始める丁度良い機会となります。

 

極端な早寝早起きはNG

人には皆「体内時計」が存在し、

それは太陽光を浴びる事によって時刻を早める効果があります。

 

太陽光を浴びる時間が早ければ早いほど体内時計は早まり

眠気が来る時間も早くなります。

 

睡眠禁止ゾーン

体温が下がり、睡眠を促すホルモンが分泌しだす時間があり

若い人だと20時~22時

高齢の人だと19時~21時頃だそうです。

 

個人差はあるらしいですが

この睡眠禁止ゾーンで眠気が来る人は疲労によるもので

純粋な眠気とは異なります。

 

夕方~深夜にかけての光は体内時計を遅らせる

よく寝る前にスマホを弄ったりして

眠れなくなる事ありませんか?

 

それはテレビやスマホ、パソコンの強い光で

体内時計が遅らされているからです。

 

白っぽく明るい光は脳を覚醒させる作用がある

質の良い睡眠をとる為には

夜間の光をシャットアウトする必要があります。

 

理想的な睡眠時間

平均睡眠時間は7時間と聞いたことがあります。

 

睡眠禁止ゾーンを踏まえても

理想的な睡眠時間は

「23時~6時」が良いと言えます。

 

まとめ

・秋は睡眠時間の調整をするにはベストな季節

・極端な早寝早起きは逆効果、睡眠の質が悪くなる

・理想的な睡眠時間は「23時~6時」

 

いかがでしたか?

昼夜逆転して生活リズムを改善したい人は

涼しい秋がおススメです。

 

夜眠れないという人は

睡眠用GABAチョコが効果ありだそうですよ

眠れない、不眠症の人は寝る前にGABAチョコで改善!どうも「もちめし」です 寝たくても眠れない 全国民の20%が不眠症らしいです。 そんな人にはGABAチ...

 

健康的な生活ライフを送りましょう。