実践出来る知識

子供の教育にはベビートークが効果的【赤ちゃん言葉】

どうも「もちめし」です

 

皆さん

小さなお子さんに話しかける時

「赤ちゃん言葉」を使っていますか?

 

犬の事を「わんわん」

車の事は「ぶーぶー」といった赤ちゃん言葉

 

恥ずかしいし言葉を覚えさせるのに無駄じゃないか?

という方もいらっしゃると思います。

 

今回はこの赤ちゃん言葉が

子供にどれだけの効果をもたらしているかご紹介していきます。




言葉を覚えさせるには赤ちゃん言葉

赤ちゃん言葉とは

冒頭にも言った通り

「わんわん」や「ぶーぶー」や「まんま」といった

赤ちゃん向けの言葉の事を指します。

 

「初めから犬とか車って教えたほうが早くない?」

と思う方もいると思いますが、

赤ちゃん言葉を使った方が

早くかつ多くの言葉を覚えることが出来ます

 

学術的な観点で結論が出ている

アメリカのワシントン大学とコネチカット大学の共同研究により

赤ちゃん言葉で話しかけられた赤ちゃんの方が

より多くの言葉を覚えるという事が分かっています。

 

研究内容

1歳児26人とその親を観察

最初の段階で、親が赤ちゃん言葉を使っているこの方が

喃語が良く出ることが分かりました。

喃語とは

「あぶー」「あう」「まー」「ばぶばぶ」「あむあむ」「まむまむ」

といった、赤ちゃんの発する意味を伴わない音声の事。

赤ちゃんが意味のある言葉を発する前の段階であり、

言葉への意欲の表れでもあります。

その後、子供たちが2歳になった時に再度調査をして

どれほどの言葉を覚えたのか。

その結果は

親が赤ちゃん言葉を使用していた子供:平均433個の言葉を獲得

親が赤ちゃん言葉を使用しなかった子供:平均169個の言葉を獲得

見てわかる通り

親が赤ちゃん言葉を使用した子供は

親が赤ちゃん言葉を使用しなかった子供と比べて約2.6倍もの差が生まれました。

 

何故これほどまで差が出たのか

まず子供にとって

「犬」や「車」といった発音は難しいのです。

 

そこで親が「犬」の事を言いやすい「わんわん」という風に言えば

子供も真似をして「わんわん」と言います。

 

そして「わんわん」と言えたことに対して褒めてあげれば

子供の気持ちとしても「楽しい」「うれしい」「もっと言いたい」

言葉の意欲が増してきます

 

対して、難しい発音の「犬」や「車」を教えられても

上手く発音できずに「楽しくない」「難しい」となり

言葉の意欲は下がってしまいます

 

結果

赤ちゃん言葉を使い肯定してあげることで

赤ちゃんの語彙力を上げることが出来ます。

 

ベビートークは赤ちゃんの成長に良い

赤ちゃんに対しては

普通の話し方をするよりも、ベビートークで話した方が

はるかに反応が良いのです。

 

笑顔でベビートークをすることによって

赤ちゃんとしては嬉しいし

コミュニケーション能力の向上にも繋がります。

 

理屈を優先しすぎない

効率や理屈を優先してしまうと

子供は楽しくありません。

 

子育てをする際には

まず子供が

「楽しい」「うれしい」「幸せ」だと感じられるようにすること

 

しつけの為に怒るのは良い事ですが

叱りすぎも逆効果になる事があります。

 

子供が小さいうちは

長い目で見て子供が楽しくなるように心掛けてみて下さい。

まとめ

・赤ちゃん言葉は語彙力を高めるコミュニケーション

・赤ちゃんのうちは理屈や効率は考えない

・子供の将来の為に恥ずかしがらずにやってみよう

いかがでしたでしょうか

 

人前で赤ちゃん言葉とか恥ずかしいという方もいるかもしれませんが

せめて家にいる時などは赤ちゃん言葉でコミュニケーションをしてあげましょう。

 

子供の成長にとって大事な事なので頑張ってください。