豆知識

猛暑到来!簡単に出来る熱中症対策

どうも「もちめし」です

 

今年もやってまいりました

到来ですね

 

学校も夏休みに入って

お父さんやお母さん方は子供の運転手になって

色々なところに連れまわされるんじゃないでしょうか

 

年々世界中が暑くなっています。

熱中症の対策を怠っていると

命に危険が及ぶ可能性もありますので

しっかりと対策をしていきましょう。

 

熱中症対策

そもそも熱中症とはどんな症状?

体内の水分や塩分のバランスが崩れ

体温の調節機能が低下し、

体に熱がこもって体調を崩してしまう症状です。

 

気温30度・湿度60%の環境基準をどちらかが上回る

熱中症になりやすくなると言われています。

 

軽傷の場合

めまい・頭痛・吐き気といった症状が出てきます。

処置を行わず徐々に症状が進行していくと

体温が38度を超えて、40度以上の高熱が出る場合もあります。

 

重症の場合

意識や体のコントロールが出来なくなります。

意識を失って痙攣を起こし、

肝臓や腎臓に内臓障害が起きることもあります。

 

発見や治療が遅れると

死亡してしまうケースもあります。

 

熱中症を事前に予防する方法

1.室内では扇風機やクーラーを使って適度な温度を保つこと

2.一度に多くの水分を取るのではなく、こまめな水分補給を心掛ける

3.水だけでなく塩分も必要不可欠

4.日々の生活習慣を見直しましょう。

 

1.室内ではエアコンは惜しまない

よくエアコンの風は苦手という方がいらっしゃいますが

室内でも熱中症になってしまいます

 

老人の方など

エアコンを点けずに

部屋で一人亡くなっているというニュースも

この時期になったら見かけます

 

外は炎天下です。

せめて室内では涼しい状態にしておきましょう。

室内温度を29度以下に湿度を60%未満設定していれば

最低限の状態は免れるはずです。

 

2.こまめな水分補給は大事

汗をかいていないから、喉が乾いていないから

そう思っていても、知らない間に水分量は低下しています。

 

いつもより尿の色が濃いとか、量が少ない場合は既に体内の水分不足が起こっています。

 

喉が渇く前からこまめに水分を摂取する事

これは熱中症対策において

必須事項と言っても過言ではありません。

 

熱中症の発生は

当日の水分不足だけではなく

数日前からの不足が原因で発生します。

 

常日頃から

水分補給をを心掛けましょう。

 

3.水分だけでなく塩分も摂りましょう

一度に大量の水を摂取すると

かえって体内の電解質のバランスが崩れてしまい

逆に体調を崩してしまいます。

 

そこで

水分補給と同時に塩分の補給も行いましょう。

 

同時に補給できる

スポーツドリンクや経口補水液をうまく活用して

 

塩分の含まれていない

水や麦茶などには

塩や梅干を足して塩分を補給しましょう。

緑茶やウーロン茶には利尿作用があるため

せっかく摂取した水分を尿として出してしまいますので、

要注意が必要です。

 

4.生活の習慣から症状のなりやすさが変わる

寝不足であったり

ご飯を3食食べていないといった

普段の生活習慣から熱中症への影響を与える原因にもなります

 

風邪気味や体調不良

鼻詰まりになると

睡眠中は口呼吸になりますので

外気に接する粘膜面積が増えて

体の水分の蒸発量も増えてしまいます。

 

下痢や嘔吐なども体の水分や塩分が失ってしまうので

普段以上に熱中症に気を付けないといけません。

 

寝不足

睡眠は脳や体を休ませる行為です。

それが不足していると、脳の働きが鈍くなり

体温のコントロールも難しくなってしまい、

熱中症になってしまうリスクも上がってしまいます。

 

しっかりと睡眠をとり

睡眠中は発汗量も多いので

朝起きたら水分補給をしっかりしましょう。

 

大量の飲酒

飲酒はアルコールの分解に水分を必要とします。

利尿作用もあるため

お酒を飲んだ際には

十分な水分補給が必要となります。

 

朝食を抜いている

朝食では水分・塩分ともに補給する目的もあり

体温を下げる効果のある汗も出やすくなります。

 

食欲が無い日でも

出来るだけ朝食は摂る様にしましょう。

 

まとめ

熱中症は室内外問わず起こりうる症状。

エアコン等を使用し室温30度以下・湿度60%以下に調節しましょう。

こまめな水分補給と塩分補給。

日頃の生活習慣を見直すとより良い。

 

これからまだまだ暑くなると思います。

 

死亡という最悪のケースを防ぐために

対策を意識して

暑い夏を乗り切っていきましょう。