健康

万能食材「かぼちゃ」の健康効果について

どうも「もちめし」です。

 

秋の食材であるかぼちゃ

栄養価の高いスーパーフードとしても有名です。

 

かぼちゃがどのように凄いのか

詳しく解説していきます。




スーパーフード「かぼちゃ」

かぼちゃの栄養価

米国農務省の調査によると

1カップのかぼちゃに含まれる成分

カロリー:30kcal

脂質:0.12g

糖質:8g

ナトリウム:1mg

糖類:3g

食物繊維:1g

タンパク質:1g

かぼちゃの種28gに含まれる成分

カロリー:163kcal

脂質:14g

糖質:4g

ナトリウム:12mg

糖類:0.4g

食物繊維:2g

タンパク質:8g

かぼちゃのメリットについて

栄養価が高いという訳ではなく

それ相応のメリットがあります。

 

運動後のリカバリー

かぼちゃの種には、亜鉛やタンパク質が豊富で

運動後のリカバリーに欠かせない栄養素が含まれています。

 

スナック感覚で食べる事も出来るし

バランスの良い食生活の一部として

運動後の45分以内に食べると良いでしょう。

 

肝臓を守ってくれる

肝臓は脂質やタンパク質・糖質などを分解したり

血中の有害物質を取り除いたり

必須ビタミンと栄養素を蓄えたりと重要な機能がたくさんあります。

 

かぼちゃにはビタミンCとビタミンAに代わるβカロテンが含まれているので

肝機能をサポートする事が出来ます。

 

血圧を安定させてくれる

かぼちゃには食物繊維、カリウム、ビタミンCが含まれており

ナトリウムは少なめなので血圧を維持してくれます。

 

コレステロール値を下げてくれる

かぼちゃには、食物繊維が含まれていますが

その中には水溶性と非水溶性の2種類があります。

 

水溶性食物繊維は悪玉コレステロールを吸い取ってくれる働きをもっています。

 

便秘解消

上記で書いた非水溶性の食物繊維が消化を促して

お通じを良くしてくれる働きをもっています。

 

かぼちゃの種にもマグネシウムが含まれているので

消化を促進してくれます。

 

ダイエットに効果的な食材

食物繊維が豊富な為

満腹感が長続きします。

 

水分の含有量が高いという点も

満腹感と満足感を得られる秘密でもあります。

 

血糖値の安定化

豊富な食物繊維は血糖値を安定させてくれます。

この効果は活力を維持したり体重を管理する面でも効果的です。

 

注意点としては

糖分を多く含む料理にしようすると

効果は半減してしまうので注意です。(パンプキンパイやパンプキンラテなど)

 

免疫力向上

かぼちゃに含まれるビタミンAとビタミンC、そして亜鉛が高濃度で含まれているので

食べる事によって免疫力が向上します。

 

健康な体作りに役立つ

かぼちゃに含まれる抗酸化物質は

フリーラジカルによるダメージから守ってくれるので、

年をとっても美しさを保つことが出来るようになります。

 

まとめ

かぼちゃは種まで食べることが出来て

尚且つ栄養素も高い

健康を維持するためのスーパーフードといっても過言でないのがわかりますね。

 

今の時期ならかぼちゃも安く売られているので

皆さん是非買って食べましょう。