豆知識

【浅間山噴火】警戒レベルとは何なのか、人的被害は

どうも「もちめし」です

 

2019年8月7日

浅間山が噴火し警戒レベル3に引き上げられました。

 

そもそも警戒レベルとはどういう状況を指すのか説明していきます。

 

浅間山噴火による警戒レベルと人的被害

噴火の警戒レベルとは

警戒レベルは全部で5段階あり

数値が高ければ高いほど危険度が上がります。

警戒レベル1(予報)

名称

この段階では噴火予報とされており、

警戒される対象は火口内になります。

 

キーワード

立ち入りは出来ますが

活火山であることに留意されます。

 

火山活動の状況

火山活動は静穏であり、

状態によって火口内で火山灰の噴出等が見られる状態です。

この範囲内に入った場合は命に危険があるので要注意が必要。

 

近隣住民が取るべき行動

通常の生活を送って大丈夫です。

 

登山者・入山者の対応

特に規制はありません。

ただし

状況に応じて火口内への立入規制はかかります。

 

警戒レベル2(警報)

名称

この段階になると火口周辺警報とされ、

警戒される対象は火口周辺に広がります。

 

キーワード

火口周辺に入山規制がかかります。

 

火山活動の状況

火口周辺では命に危険が及ぶ噴火が発生

あるいは、発生すると予想されます。

 

近隣住民が取るべき対応

このレベルでも火口周辺での影響なので

通常通り生活して頂いても問題ありません。

 

登山者・入山者の対応

火口周辺が活発化されている為

立入規制を行います。

 

警戒レベル3(警報)

名称

このレベルになると噴火警報(火口周辺)となり、

警戒対象は火口から近隣の居住地域まで広がります。

 

キーワード

入山規制となり、近づく事を禁じられます。

 

火山活動の状況

近隣の居住地域に重大な影響を及ぼす噴火が発生

あるいは、発生すると予想されます。

 

近隣住民が取るべき対応

通常の生活で良いですが

状況に応じて、避難の手助けが必要な人(要配慮者)の避難準備を行う事。

 

登山者・入山者の対応

登山・入山は禁止

危険な地域への立入規制も行います。

状況に応じて規制範囲も変わります。

これ以降のレベルは同様に禁止となります。

 

警戒レベル4(特別警戒)

名称

このレベルになると噴火警報となり、

警報対象は火口から居住地域まで広がります。

 

キーワード

危険が及ぶ可能性が高くなるため

避難準備をする必要があります。

 

火山活動の状況

居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想されます。

可能性は十分に高い状態。

 

近隣住民の取るべき対応

警戒が必要な居住地での避難の準備

避難の手助けが必要な方(要配慮者)は直ちに避難が必要です。

 

警戒レベル5(特別警戒)

最大レベルでは噴火警報(居住地域)となり、

警戒対象は居住地域となります。

 

キーワード

確実な危険が迫っている為

避難を余儀なくされます。

 

火山活動の状況

居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生

あるいは切迫している状態にあります。

 

近隣住民の取るべき対応

危険な居住地域からの避難が必要となります。

 

火山爆発指数(VEI)

警戒レベルとはまた違い

0~8までの9段階に区分され、

こちらは噴火の際のテフラという噴出物の量で数値が決まります。

 

VEI 噴出物の量 状況 噴煙の高さ 発生頻度
0 <10,000㎥ 非爆発的 <100m ほぼ毎日
1 >10,000㎥ 小規模 100~1,000m
2 >1,000,000㎥ 中規模 1~5km ほぼ毎週
3 >10,000,000㎥ やや大規模 3~15km ほぼ毎年
4 >0.1k㎥ 大規模 10~25km 10年以上
5 >1k㎥ 非常に大規模 >25km 50年以上
6 >10k㎥ 巨大 100年以上
7 >100k㎥ 超巨大 1,000年以上
8 >1,000k㎥ 非常に巨大 10,000年以上

 

今回の浅間山噴火はどれほどか

噴煙は1800mを超えたのでVEIの数値は2

 

山頂火口から概ね4kmの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒が必要という事で

警戒レベルと1から3へと変更されましたので、

登山は禁止され、入山規制が敷かれました。

 

状況に応じて要配慮者の避難準備も必要ですね。

 

今のところは人的被害は出ていないとの事なので取り合えずは一安心ですね。

 

 

まとめ

・浅間山噴火の警戒レベルは登山禁止のレベル3

・噴煙も1800mと大きい為、噴石や火砕流に注意が必要

・要配慮者は避難準備をすること

日本には活火山は全部で111ヶ所あります。

 

警戒レベルが発表された時

自分の居住地域が警戒対象の際には

警戒レベルがどういう意味を表しているのか

知識として入れておいても良いかもしれません。