災害

台風15号、風速は新幹線級!暴風雨に警戒

どうも「もちめし」です

 

台風15号が近づいており

関東・静岡は首都圏含めて記録的な暴風の恐れがあるようです。




台風15号(ファクサイ)

過去最大クラスの暴風

気象庁によると

関東地方は9日にかけて

最大風速は40メートル

最大瞬間風速は60メートル

予想される波の高さは9メートル

予想される24時間雨量9日明け方まで300ミリ

風速15メートル以上の強風域は280km

との予想です。

 

台風が上陸する前は強い日差しが照り付けており

日中の気温は32度まで上がる予想です。

 

また、「台風の置き土産」が加わって

台風が過ぎた後の日中は35度を超える予想となっています。

 

猛烈な暑さとなる恐れがある為

屋外・屋内ともに熱中症の対策は必須とされます。

 

台風の大きさと強さの基準

気象庁は台風の大きさを風速を元に表現しています。

強さの階級
階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上
大きさの階級
階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

 

上記のように表現がされますが、

強風域の半径が500km未満の場合は「大きさ」を表現せず

最大風速33m/s未満の場合は「強さ」を表現しません。

 

上の表を元にしてファクサイの大きさと強さは

大きさは表現されず、強さは「強い」です。

 

雨のピークは8日の夜

1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降り

総雨量で200mm前後、山沿いで300mm前後に達します。

 

大規模な道路冠水や河川の増水、土砂災害に警戒が必要とされています。

 

まとめ

・小さくコンパクトだが集中豪雨の恐れ

・台風後は置き土産により猛烈な暑さが残ります

・雨のピークは夜中、冠水や土砂災害に注意

 

過去最大級の台風ですが

小さい為過ぎるのはすぐでしょう。

 

それよりもその後の熱中症に注意です。