災害

鹿児島県の桜島で火口上5kmにも及ぶ噴火

どうも「もちめし」です。

 

2019年11月8日17時24分頃

鹿児島県桜島で噴火が発生

噴煙は火口上5500mに達しました。




桜島の噴火

火口上5kmの噴煙は3年ぶり

噴煙が5000mを超えるのは2016年7月26日以来だそうで

南岳火口からの噴火は2000年以来19年ぶりとなりました。

 

気象台によると、火山雷が観測されています。

 

火山雷とは

火山雷(かざんらい)とは

火山噴火によってもたらされる雷の事であり、

火山が吹き上げる水蒸気や火山灰、火山岩などの摩擦電気により発生します。

 

この雷は

火山灰や火山岩などの固形物による摩擦電気がもたらす雷なので

通常の雷よりも静電エネルギー量は一般的に高いとされています。

 

噴火警戒レベルは3

噴火警戒レベルは変化することなく3を継続しています。

 

噴火警戒レベルについては過去記事にまとめていますので

詳しくはこちらを参照してみて下さい。

【浅間山噴火】警戒レベルとは何なのか、人的被害はどうも「もちめし」です 2019年8月7日 浅間山が噴火し警戒レベル3に引き上げられました。 そもそも...

 

降灰の向きや距離は

上空は西寄りの風が吹いている為、噴煙は東に流れ

鹿児島県の大隅地方を中心に降灰の恐れがあります。

 

風はそれほど強くはないので、桜島に近い地域は

降灰の量が多くなる可能性があります。

 

過去の桜島噴火の記録

文明大噴火

1471年(文明3年)9月12日にVEI5の大噴火が起こり

北岳の北東山腹から溶岩が流出し、死者多数の記録があります。

 

1473年、1475年、1476年にも噴火が起こり、死者多数を出し

沖小島と鳥島が形成されました。

 

安永大噴火

1779年11月7日(安永8年)の夕方から地震が頻発し

翌日の11月8日の朝から井戸水が沸きだったり

海面が紫に変色したりなどの異変が観測されました。

 

昼過ぎから桜島南部から大噴火が発生、その直後に桜島北東部からも噴火が発生

夕方から朝方にかけて、大量の軽石や火山灰を噴出し、江戸や長崎でも降灰がありました。

 

11月9日には北岳の北東部山腹および南岳の南側山腹から溶岩の流出

11月10日には溶岩は海岸まで達しました。

 

翌年の1780年8月6日には桜島北東海上で海底噴火が発生

さらに翌年の1781年4月11日にもほぼ同じ場所で海底噴火とそれに伴う津波が発生

 

一連の噴火により

鹿児島湾北部沿岸の海水面が1.5m~1.8m上昇

噴出された溶岩は約1.7立方km

軽石は約0.4立方km

 

薩摩藩による報告では

死者153名

農業被害は合計2万3千石以上となりました。

 

大正大噴火

1913年6月29日から30日にかけて

現日置市を震源とした弱い地震が最初の前兆でした。

 

同年の12月下旬には井戸水の水位が変化したり、

火山ガスによる中毒が原因の死者が出たり、

桜島東側海域の生け簀で、魚やエビの大量死が発生し

海水温が上昇しているという指摘もありました。

 

翌年1914年1月

冬季にもかかわらず、蛇やトカゲ、カエル等の生物が活動している様子が目撃される

 

同年1月12日に噴火が発生

約1ヶ月に渡り頻繁に爆発が繰り返され、死者58名を出しました。

 

溶岩流は桜島の西側および南東側の海上に延び

海峡で隔てられていた大隅半島と桜島が陸続きになりました。

まとめ

・火口上5kmの噴煙は3年ぶり

・警戒レベルは3、非常に危険という訳ではないが警戒は必要

・過去の噴火傾向を見ると、直前に異常な兆候が見られる

 

現状の桜島噴火と過去の桜島噴火をまとめてみました。

 

海水面が上昇したり

水温が上がったりなどの異常が見られる場合

噴火の勢いは凄まじいものだとわかりました。

 

現時点ではそれほどの異常事態は見られませんが

自然はどのような気まぐれを起こすか分からないので

今後も警戒するに越したことはありません。