豆知識

【吉本闇営業問題】闇営業とは?過去にも行われたグレーな営業

どうも「もちめし」です

 

現在も話題の渦中にある吉本闇営業問題

辞める辞めないの議論もあり

結構大きな問題になっています。

 

そもそも【闇営業】ってどういう事を指すのか

出来るだけわかりやすく解説していきます。

 

分かりやすく闇営業を解説

闇営業とは

結論から言いますと

「事務所を通さずに個人的に行う営業」

を闇営業と言います。

 

これは事務所を経由していないので

ギャラは直接本人に入ります。

 

これの何がなのかと言うと

事務所的にとって闇であって

世間的に悪いことをしているから

【闇営業】では無いんですね。

 

例えば

一般人の結婚式や宴会での営業

こちらも事務所を介していなければ

【闇営業】扱いになってしまいます。

 

別称【直営業】とも言われています。

 

本来ならば

事務所を通すことによって

営業先から事務所に報酬が入り

 

その報酬の何割かを差し引かれた額が

営業した芸人さんに入ります。

 

今回のように

事務所を介さずに営業を行った場合

全額の報酬が芸人さんに入る形になります。

こうなると

事務所側に一切の報酬が入ってこないので

 

事務所的に闇である

となるのです。

そもそも事務所は何のためにあるのか

・スケジュール調整

・仕事の手配

・マスコミから守る

等を行っていますので

お互い持ちつ持たれつで仕事を行っています。

 

タレントさんは事務所とマネジメント契約を結んでいるので

事務所を通さずに行う営業は契約違反です。

 

まず事務所無しで個人の力だけで有名になる事は

よほど個性的でない限り不可能だと思います。

 

その為に

事務所側が時間とお金をかけて

仕事とスケジュールの調整をして

ようやく世間に認知されてくるのです。

 

そんな中

手塩にかけて育てたタレントが

隠れて仕事をしていて

事務所に一切お金が入ってこないのでは

育てた意味がありません。

 

あくまでも

事務所とタレントはWinWinの関係でないといけません。

 

過去に行われた闇営業

今回かなり大きくニュースにも取り上げられていますが

話題にはなっていませんが

過去にも闇営業を行っていたタレントさんは勿論います。

ブラマヨ吉田敬

2019年7月25日

「ブラックマヨネーズ」の吉田敬(45)

エッセー集「黒いマヨネーズ」のサイン会を行った際に

過去の闇営業行ったことがあると明かしました。

 

「直(営業)に行ったかどうかを聞かれると、うわ~ッ、あるとないの間というか…」

「この人に頼まれたら断れない、というので行ったことはある。だいぶ昔。そこにどんな人がいるか分からないので、間に立っている人間との信頼関係で行ってますから…」

相手が誰であれ

直で営業を行うのは闇営業です。

 

極楽とんぼ

2019年7月25日放送された

AbemaTV「極楽とんぼのKAKERU TV」にて

過去のエピソードとして闇営業を行っていたことを告白。

 

審査員を務めていた加藤浩次

「俺らは昔、(闇営業)もっとやってたよな?俺ら昔カラオケビデオ出演、闇でやっちゃたから。取っ払いで15万ずつもらったな」

それに山本圭壱も「やったやった」と告白

 

ダイノジ・大地洋輔

上と同じく

AbemaTV「極楽とんぼのKAKERU TV」にて

芸人会のNo.1ラッパーを決める芸人同士のフリースタイルバトル

 

相手のとろサーモン久保田は相手の闇営業を暴露

「コイツはスケジュール2枚あるわ。正規のスケジュールと闇のスケジュール。嘘つきな野郎だ」

 

詳細は不明だが

事務所を通さずに行う闇のスケジュールなる物があるそうだ。

 

とろサーモン・久保田和靖

こちらも同上

ダイノジ・大地に闇営業を暴露した久保田でしたが

 

同様に大地からも闇営業を暴露された

「お前、闇営業でハワイに行ってんだろ。ネゴシックスと一緒にハワイへ直営業。そんなの聞いたことねえ」

これを聞く限り

公になっていないだけで

それなりの人数が闇営業を行っているみたいですね。

 

吉本芸人のギャラについて

2019年7月22日に開いた

吉本興業・岡本昭彦社長の会見

 

会社が9でタレントが1という配分に反論

「5:5から6:4」であると明かしました。

 

それに対して多くの芸人さんから不満が爆発しています。

吉本芸人のキートンさん

「ギャラ5:5だったのか てことは、私が海外に約1週間行ったあの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか!」

という事は

キートンさんに入ったギャラは1万円という事になりますね。

1週間も海外で仕事をされて

2万円の仕事となるとかなり格安に思えます。

 

吉本芸人の佐藤ピリオドさん

「品川で初単独やった時。445席即完して。グッズも完売して。ギャラ2000円だったなぁ。御茶ノ水男子2人で4000円。9割9部9厘:1厘の間違いでは」

 

グッズ代だけでもかなりの額になりそうですが

全席も埋まっているとなると報酬も多いはず

 

また

「お客様は俺たちを観に来て、俺たちがお客様のチケット代とグッズ代で少しでも御茶ノ水男子の糧になってほしいなと思ってライブ来てくれてるのに、それをこんな形にされて。しかも今日の会見でも芸人の不満が貯まること言うから。思わず言いました」

応援もかねて見に行っている方も多い中で

ほとんどが事務所に吸収されていると思うと悲しくなります。

 

裏切りマンキ―コング・西澤祐太郎さん

「上の人は稼ぎが大きくなって社員に言えるようになる 俺らみたいな末端は9.1 8.2だと思うよ 単独ライブで俺らグッズ合わせて60万くらい売上出したけどギャラ1万だったし」

具体的な配分を明かしてくれました。

その上で

「俺ら芸人はそれについてボヤきはするけど不満はそんなないんだよね 金欲しくてやってないし楽しくてやってるだけだから」

というスタンスも示しています。

 

吉本所属ダンサーISOPP(イソップ)さん

「芸人さん達の取り分は9:1で9が吉本です 是非給料体制を見直して芸人さん達がバイトしなくてもステージに集中できるようにしてほしいです」

確かにほとんどの芸人さんは

アルバイトと掛け持ちをされている方が多いと聞きます。

ギャラの配当によって生活できない方が多いのでしょう。

 

元吉本芸人のエッグ矢沢さん

「岡本社長『給料は5:5か4:6とか』ってなに?嘘やろ?若手のライブは全部チケット売っても0円ばっかだったぞ?俺は単独ライブで100枚売ってもギャラ2000円だったぞ?会場は急遽キャンセルで空きが出た会場を吉本が連日激安で借りたとこだったぞ?1500円×100人で15万だぞ?14万8千円は上納金だろ?」

複数のケースと共に発言し

「急遽キャンセルの出た会場を連日安く借りて1日に2~3公演やって儲けようとして俺の売り上げが1500円×100人で15万でスタッフ会場なりの経費で5万払って残り10万のうち俺に2千円。ギャラの割合【98:2】だぞ?それでも5:5とか6:4とか言うのか?今からでも良いから間違えてたなら振り込んでくれよ岡本社長」

やや困惑気味に打ち明けました。

 

吉本の悪しき慣習

とあるTV局のプロデューサーによると

若手担当のマネージャーは1人で数百人の芸人さんを担当しています。

 

若手はTV局から貰えるギャラが少ないので

マネージャーが面倒くさがって請求してこない場合がよくあるとの事。

 

後日、芸人本人から

「あなたの番組はギャラを払ってくれないのか」とクレームが来たこともあるそうです。

 

TV局側としては払ってあげたいけど

『吉本とTV局』という会社同士の関係なので

マネージャーが請求書を送ってこない限り

払う事が出来ないとの事です。

 

そうなると

芸人さんからしたら泣き寝入りするしかないのです。

 

例えば

1万円程度の小さい仕事が30件あったとして

30か所に請求書を送らなければならない

それが面倒なので

マネージャーが放置しているというのです。

 

過去には

ギャラが振り込まれず

吉本に電話をしたら

「金の文句を言うなら辞めろ」と言われ

退社した元吉本芸人の告発もありました。

 

まとめ

・闇営業は事務所を通さずに行う営業の事

・公にはなっていないが多数の闇営業は行われている

・芸人たちへのギャラの少なさや理不尽が招いた結果なのではないか

自分の感想として

事務所のタレントへの待遇や対応によって

起きた騒動なのではないかと思いました。

 

先輩芸人達や吉本の役員にとっては

これが当たり前で

これを乗り越えて今があると考えているかもしれないですが

 

今は令和となった新しい時代

色々見なおす必要があるのかもしれません。