豆知識

カシューナッツの豊富な栄養価と効果について

どうも「もちめし」です

 

個人的にナッツの中では

カシューナッツが一番好きです。

 

甘味のあるカシューナッツですが

どのような効果と栄養価があるか見ていきます。

 

カシューナッツとは

カシューナッツの衝撃的な実り方

そもそもカシューナッツとは

中南米にあるウルシ科「カシュー」という高木の種子です。

 

独特な形をしている為、別名「勾玉の木」とも呼ばれています。

 

最近Twitterで注目されており

実の部分は「カシューフルーツ」と呼ばれており

昔はナッツの部分は捨てられ

フルーツの方を食べていたそうです。

 

今でも

ナッツフルーツはジュースにすると美味しいそうです。

 

カシューナッツの栄養価

カシューナッツは

100g当たりのエネルギーが553kcalあります。

 

食べた感じからカロリーは高そうだなと思っていましたが

予想通り高めですね。

 

また、

カシューナッツの40%は脂質で出来ていますので

食べ過ぎには要注意です。

 

1日10粒程が目安とされています。

 

タンパク質の合成に必要な亜鉛が豊富

カシューナッツには

他のナッツ類と比べると亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は成長の促進や傷の回復促す効果があります。

ビタミンB1が豊富で疲労回復にも

ビタミンB1は豚肉などに多く含まれており

うなぎやたらこに次いでカシューナッツにも多く含まれています。

 

ナッツ類の中では

くるみの約2倍含まれています。

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあり

夏バテ対策にも最適とされています。

 

女性に不足しがちな鉄分も多い

鉄分が不足しており

貧血を起こす方も多いんじゃないでしょうか?

 

カシューナッツには

アーモンドやピスタチオよりも

多くの鉄分が含まれており、

ナッツ類の中ではトップクラスです。

 

貧血対策のもう一つの成分「銅」

鉄分を利用して

貧血や髪の痛みを予防してくれるのが【銅】です。

 

カシューナッツにはとりわけ多く含まれており

栄養価の高いごまを抜いてぶっちぎりのトップです。

 

髪質や爪をキレイに維持してくれるミネラルが豊富

ミネラルの一種である

リンとモリブデンも多く含まれています。

 

亜鉛や鉄分などの多くのミネラルと同様に

髪質の維持や爪が割れるという事の予防に繋がります。

 

まとめ

意外と知られていないカシューの実

ナッツ類の中では栄養価がトップクラス

カロリー爆弾なので1日10粒まで

 

コンビニなどで手軽に買えるカシューナッツ

内容量がいつも少ないなと思っていましたが

 

1日10粒までとされているなら

納得しますね。

 

栄養価は高いですが

何でも過剰摂取は良くないですね