豆知識

一番危険度の高い癌は?【癌の原因とステージ】

どうも「もちめし」です

 

2019年8月9日

上皇后様に早期の乳がんがあると診断され

静養し9月以降に手術されるとの事です。

 

癌は日本人の死因第一位という事もあって

とても心配です。

 

今回は癌の原因とステージについて記述していきます。

癌の原因とステージとは

癌はどうして発症するのか

癌の原因は様々な要因がありますが

男性の約50%、女性の約30%は生活習慣や感染が原因と考えられています。

 

1.喫煙

肺がんをはじめとする色々な癌の原因となっている喫煙

煙草を吸う本人だけでなく、副流煙による吸わない人も健康被害にあっています。

 

癌の予防には、煙草を吸わないことが効果的であり

現在吸っている人も禁煙することでリスクを軽減することが出来ます。

 

2.飲酒

飲酒をすることで口腔、喉頭、咽頭、食道、肝臓、大腸、乳房がんのリスクがあります。

アルコールであるエタノールは、発がん性であるアセトアルデヒドに代謝されるため

癌の原因になります。

 

また

喫煙者が飲酒すると、食道がんや癌全体の発症リスクは特に高くなります。

 

3.運動不足

運動は結腸癌のリスクを格段に下げて

閉経後乳がんと子宮体がんのリスクも下げる可能性があります。

 

肥満になると

膵臓、食道、肝臓、乳房、大腸、腎臓、子宮体部のがんの恐れがあります。

 

死亡率の高い癌は?

癌で死亡する場所で最も多いのは

肺がんです。

 

肺がんは進行すると

周りの組織を破壊しながら増殖し

血液やリンパ液の流れに乗って広がります。

 

転移しやすい場所は

脳や肝臓、骨といった部位になります。

 

厄介なのは

早期の段階ではほぼ無症状なので

検査に行かないと気付かないという点です。

 

進行していくにつれて

咳や痰が出始め

発熱、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状が現れますが、

これらは他の呼吸器疾患と区別がつかない為、

発見から処置を施すまでに長引いてしまう事があります。

 

対策と予防

先ほども書きましたが

禁煙し飲酒はほどほどに

食事はバランス良く摂り

適度な運動と感染予防が効果的です。

煙草を吸わない人も

可能な限り煙を避けて生活するように心掛けましょう。

 

癌のステージ分類

よく医師から診断された時に

「がん〇期です」という言葉が出てきますが、

この〇期というのはステージを表しており

どれくらい進行しているのかを示しています。

 

0期からⅣ期まであり

ステージⅣが最も進行し悪化している状態です。

 

ステージ0

癌細胞が上皮細胞内にとどまっており

リンパ節への転移は今のところない状態

 

ステージⅠ

癌腫瘍が少し広がっているが

筋内層でとどまっており、リンパ節への転移も今のところはない状態

 

ステージⅡ

リンパ節への転移は無いが

筋肉の層を超えて浸潤している。

または

腫瘍は広がってはいないが

若干リンパ節への転移が見られる。

 

ステージⅢ

癌腫瘍が浸潤しており

リンパ節への転移もある

 

ステージⅣ

癌が初めに出来た原発巣を超えて

他の臓器へ転移している状態。

 

乳がんの危険性

乳がんは乳腺に出来る悪性腫瘍で、

放置しておくと癌細胞が増殖し血管やリンパ管へ入って全身を回り

乳腺以外の組織や臓器に転移します。

 

ですが

早期で治療を行えば約90%治ると言われています。

 

乳がん発症のピークは

50歳前後です。

 

乳がんの症状

乳がんの大きさが5mmから1cmほどになると

自分で触るとわかるほどのしこりが出来ます。

 

また

乳房の皮膚近くに達すると

えくぼのようなくぼみが出来たり

皮膚が赤くはれたりします。

 

気になるしこりや腫れがある場合は

面倒くさがらず

一度検査することをおススメします。

 

乳がんについての講義がありましたので

気になれば見てみて下さい。

まとめ

・日本人の死亡要因第一位は癌

・その中でも肺がんが最も多い

・乳がんは早期なら約90%治る

 

現在では医療技術も発達して

癌を患っても治療すれば治るケースも増えてきていますが

 

日頃の健康管理も大事だと思います。

大事になる前に健康診断に行きましょう。