豆知識

動物虐待厳罰化!改正動物愛護法が成立!

どうも「もちめし」です。

 

本日

2019年6月12日

犬や猫に所有者情報が記録されている

【マイクロチップ】の装着を義務付ける

改正動物愛護法が全会一致で可決されました。

動物虐待反対!改正動物愛護法とは

マイクロチップを埋め込むことで改善される事

先ほども書いた通り

マイクロチップには飼い主の情報が入っていますので、

飼い主が安易に捨てる事を防いでくれる働きに期待出来ます。

 

犬猫の収容数は年々減ってきてはいますが、

平成29年度の段階でも

約10万匹が収容されており

その半数が殺処分とされています。

 

マイクロチップ

直径:2mm

長さ:12mm

このマイクロチップを注射器で

犬や猫の体に埋め込みます。

 

マイクロチップには15桁の番号が登録されており、

専用の機械で読み取り、

飼い主の情報と照合出来ます。

 

販売業者と飼い主は環境相への登録義務がある

ペットショップ等の動物販売業者は

扱っている動物に対し

マイクロチップの装着と所有者情報の登録が必要となります。

 

それを購入した飼い主は

情報変更の届け出を義務付けられている

 

すでに飼っている人は

マイクロチップの装着の努力義務

が課せられます。

 

ペット販売時の規制

出生後56日(8週)経過していない犬や猫の販売を

原則禁止となる模様です。

 

以前から同じ規制はありましたが、

49日(7週)とされていました。

 

マイクロチップの義務化は3年以内

56日規制は2年以内と発表されています。

動物虐待への厳罰化

現時点では

2年以下の懲役または200万円以下の罰金

改定後

5年以下の懲役または500万円以下の罰金

懲役と罰金を引き上げることで

虐待を犯したものは厳罰に処すとなりました。

まとめ

マイクロチップによる利点

・動物を捨てられるのを抑止する

・災害が起きた際に迷子になっても飼い主が分かる

私も幼い頃から犬猫は常に飼っており

ほとんどは寿命により旅立った子もいましたが

 

中には台風で柵が壊れて

豪雨の中外に飛び出し、

行方が分からなくなった子もいました。

 

チップがあれば

どこかで運良く保護されていれば

帰って来る未来もあったかもしれません。

 

ペットは道具では無く家族です。

家族を守るという意味では

マイクロチップの装着も

意味はあると思います。