事件・事故

入浴時のヒートショックに注意!予防策について

どうも「もちめし」です。

 

11月に入って急激に寒くなりましたね。

こんな寒い日には温かいお風呂に入ってゆっくりしたいと思いますが

この冬の時期「ヒートショック」と呼ばれる入浴時の事故が増えてきます。

 

今回はこの「ヒートショック」とは何なのか言及していきます。




入浴時に注意すべき「ヒートショック」

ヒートショックとは

ヒートショックは、急激な温度の変化により

血圧が大きく変動する事で、失神や心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。

 

入浴時に亡くなる人は意外と多い

厚労省研究班の調査によると

病気などを含めた入浴時の死亡者数は年間1万9千人以上と推計されています。

 

その多くは自宅の浴槽で起きています。

 

高齢者ほど危険

ヒートショックが起きる多くは65歳以上の高齢者の方が多いです。

高齢になると、温度の変化に合わせて血液の流れを調整する働きが鈍くなり、

熱い風呂に長時間つかるのが好きな人が多い為、事故につながっている可能性があります。

 

特になりやすい人の特徴

■狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞の病歴がある人

■不整脈、高血圧、糖尿病の持病がある人

■以下の習慣がある人

・飲酒直後に入浴する

・食後すぐに入浴する

・一番風呂

・深夜に入浴する

・熱い湯に首までつかる(42℃以上)

■以下のような居住空間である

・浴室、脱衣所、トイレに暖房設備がない

・浴室がタイル張りで窓があり冬場は寒い

・今と浴室、トイレが離れている

予防方法について

ヒートショックを引き起こさな為の予防策は以下の通りです。

入浴前と入浴後に水分補給をする

入浴すると汗をかいて体内の水分が減ってしまいます。

そうすると血液がドロドロになり、血栓が出来やすく

血圧が上がることによって脳梗塞や心筋梗塞になりやすくなります。

 

入浴前と入浴後に水分補給する事で

血圧や血流の変動による脳疾患を防ぐことが出来ます。

 

食後の入浴は1時間以上開ける

食後は消化器官に血液が集まり、血圧が下がってしまいます。

そこで入浴すると急激に血圧が上がり、ヒートショックを引き起こしやすくなります。

 

飲酒は入浴後

飲酒は血管が膨張し血圧低下を引き起こしたり

体幹を鈍らせ転倒しやすくなります。

 

飲酒をする場合は夕方入浴して

その後に晩酌をした方が良いかと思います。

 

浴室と脱衣所の温度差を無くす

入浴終わりで体が温まっても

脱衣所が冷えていたら急激な温度変化によりヒートショックを引き起こします。

脱衣所に暖房器具を設置するなど対策をして温度差を無くしましょう。

 

浴室内も出来るだけ温かい状態で入ることが推奨されますので

1番風呂は避けて、2番目以降に浴室が温まっているときに入るのがおススメです。

 

いきなり浴槽に入らない

入浴時は心臓に遠い手足からかけ湯をして

お湯の温度に体を慣らしてから浴槽に入る様にしましょう。

 

急激な血圧の変化を予防することが出来ます。

 

浴槽の温度は低め

浴槽の温度が高いと心臓に負担がかかる為

38℃~40℃程度のぬるま湯から入り

熱いお湯を足して徐々に温めていきましょう。

 

まとめ

Twitterにてヒートショックの注意喚起をするツイートが拡散中

高齢の方だけでなく

全ての人に当てはまる事故です。

自分は大丈夫と思わずに気にしておくことが大事ですね。