事件・事故

人生が狂う可能性も!? ながら運転が厳罰化について

どうも『小真ちゃん』です。

2019年12月1日から「ながら運転」を厳罰化した改正道交法の施行令が施行され、

もうすぐ一ヵ月が経ちますね。

あまり気にしてない方が多いと思いますが、

いざ違反してしまうと大変な事になってしまうので今回記事にしようと思いました。




違反点数、罰則、反則金は約三倍に!?

今回の改正道路交通法により、

ながら運転(運転中のスマホ使用、カーナビ注視など)での罰則が強化されました。

では実際にどう強化されたのか見ていきましょう。

交通の危険(ながら運転中に交通の危険を生じさせた場合)

・違反点数は2点(酒気帯び14点)から6点(酒気帯び16点)へ
・罰則は三ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金から1年以下の懲役または30万円以下の罰金へ
・反則金に至ってはすべて罰則へと改正されました。

保持(携帯電話の使用等)

・違反点数は1点(酒気帯び14点)から3点(酒気帯び15点)へ
・罰則は5万円以下の罰金から六ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金へ
・違反金は小特等:5000円→1万2000円。
二輪:6000円→1万5000円。
普通:6000円→1万8000円。
大型:7000円→2万5000円へと大幅に強化されました。

※出典:警察庁資料

大きく変わったながら運転の罰則

今回の改正道交法施行令で、ながら運転の罰則、反則金などが約3倍になっており、

最も変わったのは

『交通の危険(ながら運転中に交通の危険を生じさせた場合)』の厳罰化である。

 

違反点数が6点へと改正され、反則金…つまり青きっぷ(軽微な違反であれば反則金の納付で刑事責任を免れることのできる制度)適応外となった事で、

違反すれば問答無用で免許停止処分、刑事手続きの対象…赤きっぷとなったのです。

まとめ

具体例で言うと、スマホを操作している時に2回捕まってしまえば累計点数6点、

つまり一般道で時速30キロ以上速度超過した場合と同じ「免許停止」、

今後の人生に大きな影響を及ぼすようになりました。

もし免許がなくなったら今後の生活がどうなるのか?

軽い気持ちでスマホに手を伸ばす前にその大きすぎるリスクを考え、

法令遵守の意識を持って安全運転を徹底しましょうッ!!!!!